建売物件には網戸なし?自分で取り付ける方法と業者の価格

建売 網戸

網戸なしの建売物件とは

建売物件には何でもそろっていてすぐにそのまま住めるというイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、実はそうではありません。

そもそも建売物件って?

建売 網戸

土地と建物が一緒になって売られているお家のことを指します。

業者が必要な材料を大量に注文できる、ある程度のフォーマットが決まっているため、コストカットになり、多くの場合は同じ地域の注文物件よりも安く購入可能です。

既に建っている物件であれば、実際に中を見てから購入できるのもメリットのひとつです。

建売物件には網戸がない?

最初から網戸がついていない建売物件が多いようです。ハウスメーカーの子会社のオプション業者に依頼して網戸をつけてもらう場合が一般的です。

他にもテレビアンテナや雨戸など、オプション料金が必要になる住器がありますので注意しましょう。

自分で取り付け、業者に依頼どちらがいいの?

建売 網戸

自分で取り付けるメリットは、網戸の枠の色や網の色を細かく選べる、費用を最大限に抑えられる、自分が納得できるまで丁寧に取り付けができることです。最初は難しいかもしれませんが、1枚取り付けるごとにコツをつかめます。デメリットとしては、網戸を購入する際のサイズ選びが難しいこと。また、落下で物損事故を起こしたり、家を傷つけたりした場合は自己責任です。

業者に依頼するメリットは、選ぶ業者にもよりますが、何かあったときに保証してもらえることや、自分で網戸を調達する必要がないことです。デメリットは、費用がかかることと、取り付けを雑に行われてしまう場合もあります。

自分で取り付ける方法



網戸を注文する

網戸自体はホームセンターに売られていますが、建売物件の網戸は、「子会社のオプション工事を売るためのサイズ」のような特殊なサイズもあり、市販のものでは合わないことがほとんどです。その場合は、窓のサイズに合った網戸をオーダーをする必要があります。網戸のオーダーは楽天市場など通販でも可能です。

通常の網戸であれば約3,000円からとなり、サイズによって価格は上がります。特殊な網戸の場合は20,000円程度のものもあるようです。

サイズがぴったり合っていないと締まらないなどトラブルの原因となりますので、間違いなく正確に、測る必要があります。お店ごとに測り方や注意点をチェックしておきましょう。

取り付ける

建売 網戸

いよいよ取り付けです。事前に、軍手やプラスドライバーなど最低限の工具を用意します。

まずは、ビスをゆるめます。ビスは完全に外さないようにしてください。戸車が外に出ている場合は、つまみを調節して中に入れます。

網戸を外に出してから窓枠のレールに乗せ、ビスを締めて調節し、外れどめビスをしっかり締めます。開け閉めしてつっかかりがなければ完了です。

取り付ける際に網戸を外側からつけるので、落下しないよう十分注意してください。住み始めてから、ビスをしっかりとめていなかったことで網戸が落下する危険性もあります。すべて自己責任となりますので、自信のない方はあまりおすすめできません。

業者に頼む場合

相場は?

建売 網戸

とにかくお金がないからと、1枚ごとに取り付けられる業者を選んで、小さい窓の網戸の取り付けを後回しにすると、セットの方がトータルで安い場合が多く損になる場合が多いです。基本的に、建売物件の子会社が行う網戸の取り付けオプション工事は、15枚まで・17枚までなどとセットプランになっています。

費用の相場は、セットプランでおおよそ70,000円から90,000円程度です。使用する網戸の種類や出張費用など、選ぶ業者によって異なる場合もありますので、工事の前に見積もりをとって確認しましょう。

節約する方法

すべての窓に網戸が必要かよく考えてから依頼しましょう。17枚セットプランを依頼する場合、購入する家に小さい窓を含めても17箇所以上あっても、網戸が必要のない窓を省くことでプラス料金を抑えられます。

どうしても網戸が必要のない小さい窓が多いという場合、17枚セットになっているプランでは、「10枚だといくらになりますか?」と値下げ交渉も可能ですが、応じてもらえないことが多いようです。しかし、試しに伝えてみる価値はあるでしょう。

また、テレビアンテナや雨戸の取り付けなど、他の工事もおたくで一緒にお願いするからといった値下げ交渉のやり方もあります。

費用だけで選ばず、慎重に選択しよう

家を購入すると諸費用、引っ越し代など多くの費用がかかりますので、網戸の取り付け費用は節約したいものです。しかし、自分で取り付けて失敗しかえって費用がかかったり、激安の業者に頼んで失敗したりと、費用だけで選ぶのはおすすめできません。

DIYで問題なくできそうか?評判の高い、保証のある業者か?など事前にリサーチした上で取り付けるようにしましょう。