ヤフオクで自動車を出品する方法とは。トラブル防止の文章テンプレートも

ヤフオク 自動車

ヤフオクで自動車を出品するには

ヤフオクではいらなくなった中古車を出品することができます。

出品者は業者が多いですが、もちろん個人でも出品可能です。

軽自動車は普通自動車よりも名義変更がやや簡単ですので、今回は、ヤフオクに「普通自動車」を出品した場合の流れや手数料などをご説明します。


ヤフオクに自動車を出品するメリット

中古車販売業者や、車を購入するときの下取りとすることもできますが、ヤフオクに出品するメリットはあるのでしょうか。

下取りよりも高く売れる可能性あり

ヤフオクのオークション形式で自動車を出品する場合、欲しい人が価格を上げて競るため、高く売りやすいのが最大の魅力です。

下取りや解体屋、中古車販売店に持って行くよりも何倍も高い値段で売れることがあります。

多くの人が見ている

自動車を出品するのと、ファッションやインテリアカテゴリの商品を出品するのとでは、閲覧数がかなり異なります。

自動車を落札するのは個人もいますが、業者もいます。

ネットで自動車を販売できるアプリはさまざまですが、自動車に関してはヤフオクがトップクラスの注目度です。

ヤフオクの自動車を出品するデメリット

手数料がかかる

ヤフオクには決められた手数料がかかりますが、自動車の場合はファッションやインテリアといった通常の商品の手数料とは異なり、高額な手数料が必要です。

しかし、ヤフオクは注目度が高く売りやすい点を考えると、手数料を払ってでもヤフオクで売りたいというのは納得です。

トラブルには自分で対処しなければならない

落札者が業者の場合は名義変更や中古車の状態にも慣れているので比較的スムーズに取引が進みますが、個人同士の取引では特にトラブルに気を付ける必要があります。

よくあるトラブルとしては、落札後にキャンセルをされる、名義変更をしてくれない、クレームを付けられるなどです。

トラブルを避けるために、出品時に説明欄に注意事項を明記しておきましょう。

ネット上のトラブルがどうしても怖い場合や対応しきれいない場合は、受け取れる金額が少なくても中古車販売店などに持って行くのを推奨します。

ヤフオク自動車出品の流れ

ヤフオク 自動車

カテゴリーを正確に選ぶ

ヤフオクはカテゴリーによって手数料が変わります。

正確なカテゴリーを選択してください。

自動車の情報や説明を入力

ヤフオクのオークション出品は、メルカリやラクマのように出品中に自由に説明文を変えることができません。

そのため、慎重に誤りがないように自動車の情報や説明を入力する必要があります。

落札後に説明と違っていた部分があるとトラブルの元になります。

売りたいからといって、事実と異なる状態の説明を書くことは絶対にやめましょう。

傷や不良がすでに分かっている部分は出来る限り記載しておきます。

下書き保存機能を使って、じっくり考えて記入するのがおすすめです。

写真を追加

ネットオークションは写真が重要です。

なるべく高画質の写真を沢山使い、自動車の魅力を伝えましょう。

ヤフオクでは10枚までアップできますので、最大限の枚数をアップするのが理想です。

汚れや傷の部分も、分かりやすく撮影して掲載しておくとトラブル予防になります。

写真を載せきれない場合は、オンラインの写真アルバムサービスを使うという方法があります。

出品する

支払い方法、オークションの開催期間や落札者制限などを選択し、最終確認を終えたらいよいよ出品です。

出品すると説明欄文章の追記はできますが修正ができないので、確認作業は慎重に行いましょう。

ヤフーかんたん決済とは?

ヤフーかんたん決済は、出品者も落札者もスムーズに支払いと受け取りが行えるシステムです。

自動車出品の場合は通常の取引画面とは異なります。

取引メッセージで法定諸費用を入れた総額を連絡し、落札者がヤフーかんたん決済で支払う際にその総額を入力していただくようになります。

通常の商品では、ヤフーかんたん決済の手数料は無料ですが、自動車本体など特定カテゴリには手数料がかかります。

特にクレジットカードの手数料は高額で、10,001円以上の場合5.4%の手数料が発生するのです。

仮に30万円の支払いをする場合は、16,200円の手数料が落札者の支払い時にかかります。

相手と相談しながら、支払い方法を決定してもらいましょう。

質問に回答

ヤフオクに自動車を出品すると、質問をいくつか受けることになります。

説明欄に書いてあることを質問されることもありますが、毅然とした態度で冷静に回答をします。

直接取引を持ち掛ける質問もありますが、ヤフオクの規則に従ってお断りしましょう。

ときどき英文のスパムメッセージもありますが、そちらに回答する必要はありません。

ヤフオク自動車落札後の流れ

めでたく自動車が落札されたら、まずは落札者にお礼のメッセージと、支払いや連絡先について連絡をします。

落札後ではなく、事前に名義変更に必要な書類を集めておくとよりスムーズです。

支払い

支払い方法を連絡するときには、支払い期限を記載しておきましょう。

お金が入っていないのに書類や自動車を引き渡すということがないよう、入金後は必ず口座の残高を自分でチェックしておきます。

名義変更に必要な書類を集める

出品者が用意するのは、以下の書類が基本的な内容です。

・譲渡証明書
・印鑑証明書
・自動車税納付領収証
・自動車損害賠償責任保険証
・車検証
・リサイクル券
・自動車の説明書等付属の書類
・住民票(車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合に、住所のつながりがわかる書類が必要となる場合があります。)

リサイクル券がない場合は、再発行の手続きを行っておきましょう。

自動車税の領収証はクレジットカード払などの支払い方法の場合もらうことができませんので、必ず渡さなければならない書類ではありませんが、払込票払いを行った場合は領収証があるはずですので落札者に渡しましょう。

相手に必要な書類を集めてもらう

相手も名義変更をするために書類を集める必要があります。

まず最初にお願いしておきたいのは、車庫証明書です。

車庫証明が必要な地域の場合、警察署に行って車の保管場所を申請する必要があります。

車の保管場所の申請には、車検証のコピーが必要です。

厳密に言うと車検証のコピーは必須ではありませんが、申請書に記入する車の大きさなど情報が間違っていると名義変更時に受理してもらえないので、警察署で車検証のコピーがないか聞かれることがあります。

相手に車検証の情報を正確に記載してもらうため、車検証の写真をメールで送るか、ファックスで送るかをすると良いでしょう。

落札者が用意する書類は、期限を決めていつまでに用意してもらえるか事前に確認しておくことが大切です。

引き渡しの日程を決める

陸送業者か、落札者本人と引渡しの日取りを決めます。

ヤフオクの取引メッセージには回数制限があるため、いくつか候補を出しておくとスムーズです。

陸送の場合、必要書類は預けるかダッシュボードに入れておくこともできますが、印鑑証明書など重要な書類がありますので、可能であれば追跡可能な方法で発送しておくのがおすすめです。

落札者本人が引き取りにくる場合は、そのとき直接渡すと良いでしょう。

名義変更を確認

相手がしっかり名義変更を完了したか確認しておくことをおすすめいたします。

名義が変更されないまま乗り続けられてしまうと、自動車税納付の義務が残り通知書が届きます。

違法駐車の場合にもトラブルとなりますので、相手に新しい車検証のコピーを送ってもらう、写真やファックスを送ってもらうなどしておきましょう。



ヤフオクの自動車出品に使えるテンプレート

ヤフオクの出品時にテンプレート全文を使用すると、事実と異なる部分があるためあまりおすすめできません。

目的に合ったテンプレートのパーツを組み合わせて、事実に合った内容の説明文を作りましょう。

トラブル防止のために入れておきたい文章がありますので、よろしければ参考にしてください。

クレームの防止文

写真や説明には記載できていない傷や汚れ、不良がある可能性があります。
現車確認をした上での判断をお願い致します。

また、商品の特性上、ノークレーム・ノーリターンでお願い致します。
中古車ということをご理解の上、入札をご検討くださいませ。

キャンセルのトラブル防止文

落札後のキャンセル、返品には一切対応できかねます。
明確な理由があり落札後にキャンセルされる場合は、手数料として金三万円を頂戴しております。

名義変更のトラブル防止文(1)

名義変更は落札者様、もしくは落札者様ご自身で委託して行っていただきます。
名義変更の期限は、自動車の引き渡し後一週間以内にお願いしております。
自動車の引き渡しの際に、期限内に名義変更をしていただく旨の誓約書に署名を頂きますので、ご了承くださいませ。

名義変更のトラブル防止文(2)

名義変更は落札者様、もしくは落札者様ご自身で委託して行っていただきます。
名義変更の期限は、自動車の引き渡し後一週間以内にお願いしております。
事前に保証金三万円をお預かりし、名義変更完了を確認した後に保証金三万円をお返し致します。予めご了承くださいませ。

落札後の挨拶文

この度は落札いただきまして誠にありがとうございます。お取引の間、何卒宜しくお願い致します。

トラブル防止を意識して出品

個人取引の場合は特にトラブルに発展するケースが多いので、トラブルは必ずあるという意識のもと出品するようにしましょう。

事前に注意事項をお知らせする説明文は特に重要です。

テンプレートを使用するのはありですが、こんなことが起きたら困るということは自ら考え記入しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする