結婚式のお車代の金額は?封筒の書き方や選び方

結婚式 お車代

結婚式のお車代とは

遠方のゲストの交通費

お車代は新郎新婦によってどの範囲まで出すか異なります。

パターン例
■ホテル代と駐車場代
■交通費半額とホテル代1泊分
■交通費全額
■遠方ゲストは1万円で統一

交通費という意味だけではない

お車代は遠方からのゲストのみにお渡しするものとは限りません。お礼としてお金を渡したい時の名目として使われることもあります。代表のスピーチを受けてもらった方や乾杯の挨拶を受けてくれたゲストに渡すのが一般的です。

お車代の相場

乾杯の挨拶やスピーチなど結婚式で何か役割を引き受けてくれた人には、1万円から3万円程度をお渡しするのが一般的なようです。最低でも1万円は包むというカップルが多いですが、多すぎても気を遣わせてしまいますので、相場の範囲内で抑えるのが良いでしょう。

わざわざ遠方から来てくれたゲストには交通費の半額以上を包むカップルが多いです。金額は1万円~上限は距離や結婚式が行われる時期によります。かかったであろう金額のMAXを想定して包みましょう。

東京・大阪間の相場

東京と大阪間の交通費は、3万円を包むのが一般的と言われています。

ホテル代はどうする?

交通費として全額を多めに包むカップルもいれば、ホテル代は出していないカップルもいます。ゲストによって差があるのはあまりよくないので、統一した方が良いという意見が多いです。ゲストにお渡しする金額が公平になるように、新郎新婦や家族と話し合っておきましょう。

お車代なしのパターンとは

結婚式 お車代

親族や親戚でお車代を遠慮された場合

身内だからと、事前にお車代は受け取らないことを伝えてくれる親族がいれば、お車代を渡さない場合もあるようです。そのときは感謝の気持ちをしっかり伝えておきましょう。

交通チケットやホテルを手配した場合

新郎新婦側で新幹線や飛行機のチケット、ホテルを手配してあげることもあります。その場合はすでに金額を支払っていますので、お車代は包まないケースがほとんどです。

新郎新婦で出さないと決めた場合

スピーチや受付をしてくれた人へのお礼を除き、交通費としてお車代を出さないとあらかじめ決めていたカップルもいます。その場合は事前にお車代を出していないことを伝え、「それでも来ていただけるのであれば」と招待しましょう。

お車代はいつ渡す?

結婚式 お車代

受付のときに渡す

主賓や親族以外のお車代は、受付をお願いしているゲストから本人へ渡していただきます。間違いのないよう、誰にお渡しする封筒なのか分かるようにふせんを貼っておくと良いでしょう。

お車代をお渡しする人の数が多くない場合は、受付後に親からしっかりお礼を伝えお車代をお渡しすると親切です。

直接渡す場合はタイミングを話し合っておく

結婚式当日は新郎新婦本人は忙しいので、両親から直接お渡しするのが一般的です。主賓や親族は受付からではなく両親からしっかりお渡しするようにしてもらいます。

お渡しするタイミングは、式の進行の仕方によっても変わりますので、事前に結婚式場のプランナーに相談するのが良いでしょう。

お車代はどう包む?封筒の選び方と書き方

お札の入れ方

お車代の封筒に入れるお札は新札を使用し、人物が上に・手前に来るように入れます。1枚以上包む場合はお札の向きを揃えるのを忘れないようにしましょう。

結び切りの水引のご祝儀袋を使用

お車代として1万円以上をお渡しする場合には、水引のついた封筒を選びます。目上の人には、手作りのものよりも、市販されているしっかりとした封筒が良いでしょう。

メッセージや名前入り封筒の手作り

器用な人は封筒を手作りすることも。簡単DIYとして市販の封筒にメッセージや名前を印刷したトレーシングペーパーを巻くやり方もあります。オリジナルの物をお渡しすることで、感謝の気持ちが伝わりやすくなるでしょう。

「御車代」と新郎新婦の名前を記載

封筒の上部中心に「御車代」と筆ペンなどで記入します。下の方には中心右側に新郎の名前、左側に新婦の名前を記入します。相手の氏名や金額の記載は不要です。

お車代に関する注意点

金額や渡し方は親に最終チェックを依頼しよう

特に親戚や親族と揉めることになると後が大変です。親族の事情をよく知る親に問題ないか確認してもらうのが無難です。

交通費全額=キリの良い数字で

例えば、あるゲストが28000円の交通費がかかっていて全額負担することにしているとします。その場合は30000万円とキリの良い数字を包みましょう。ピッタリの金額で細かくお渡しする必要はありません。

お車代こそよく話し合って、ケチらずに

結婚式はお金がかかる部分が多く、お車代を安く見積もりがちです。ケチってしまうと後の関係に影響することもあります。出すか出さないか事前にハッキリ決めた上で招待するとスムーズです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする