ふるさと納税はどれくらいお得?会社員や主婦にメリットはあるのか

ふるさと納税

多くの人が始めているふるさと納税。一体どんな仕組みなのか?お礼の品はどんなものがあるのか?など気になりますよね。そんな制度を初心者向けにざっくりと説明します。

ふるさと納税とは?



ざっくり言うと実質2,000円でお礼品がもらえる

働いている社会人が支払う税金は、1年間を通してみると結構大きい金額ですよね。かといってサラリーマンやOLは会社に勤めているだけでは節税対策は難しいです。

そんなときに活用したいのがふるさと納税。税負担を減らしつつ2,000円の負担で豪華なお礼品がもらえちゃいます。

ふるさと納税の仕組み

まずは、各自治体に寄付することにより、所得税還付・住民税控除のメリットがあります。この金額は収入や扶養家族の人数などさまざまな条件で複雑に変わってきますが、寄付した金額全額の税金がお得になるものではありません。

■一部の税金がお得になり、豪華なお礼品が貰えます。

■実質の負担は2,000円です。

この【実質】というのがポイント。

例として、寄付金が20,000円だったとして、普通に買うと4,000円するお肉がお礼品になっているとします。実際には20,000円をふるさと納税として支出します。
そうすると本来税金として支払うべきだった18,000円が還付・控除され、お肉が貰えます。

イメージとしては、『豪華な品物を2,000円で買った』ような感じ、と言えば分かりやすいでしょうか。

注意点としては、ある程度の収入があり、所得税や住民税が発生する人でしかこの旨味を味わえません。ですので、主婦や収入が低い方は「実質2,000円ではお礼の品を受け取る」ということができないケースが多いです。

還元率は30%以下

ふるさと納税は大変魅力的な制度ですが、「ふるさと納税はショッピングではない」として制度が見直され、最大の還元率は以前より下がってしまいました。でも、地方自治体を選んで応援することができる点、お礼品はやはり素晴らしい名産品が多いのでまだまだ見逃せない制度と言えます。

おすすめのお礼品ランキング

1位 食品、飲料

やっぱり、何と言っても「ふるさと」納税ですのでグルメ系のお礼品は必見です。知らなかった絶品食材や、お気に入りの地域の食材をゲットできます。普段からお取り寄せグルメをしている人も良いかもしれませんね。

■例 10,000円の寄付で佐賀牛 切り落とし1Kg

2位 チケット、商品券等

ふるさと納税
還元率に改悪はありましたが、やはり使い道が幅広い商品券はハズせません。Amazon商品券やイベントチケット、旅行券など希望のものをお礼品としている自治体を探してみましょう。

■例 60,000円の寄付1泊2日温泉旅館のペアチケット

3位 生活雑貨、家電

毎日使うものだからこそ、お得にゲットできたら嬉しいですよね。ふるさと納税の制度を利用して、買わなきゃと思っていた生活雑貨や家電を手に入れましょう。

ただし家電は超人気カテゴリーであり、最低寄付金額も高額ですので(とあるノートパソコンは50万円の寄付が必要)、希望の品を手に入れるのは困難と言えます。そのため豪華ながら3位のランクイン。

しかしながらお礼の品はたくさんありますので、じっくり探してみましょう。

■例 50,000円の寄付で布団クリーナー

どうやって寄付するの?

専門サイトを2つ紹介。ふるさと納税限度額も確認OK

■さとふる

■ふるさとチョイス

楽天でもOK

楽天市場でもふるさと納税は申込可能です。楽天スーパーポイントが貯められるのが魅力。

はじめてみよう、ふるさと納税

全ての方にメリットがあるとは言い切れませんが、地方の地域で頑張る人たちを応援する素晴らしいきっかけです。お礼の品選びを楽しみながら、貢献しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする