ディズニーへ行くのはいくらかかる?予算例やパーク内のフードやグッズの値段

ディズニー いくら

ディズニーは、いくらあればいける?

夢の国、東京ディズニーリゾート。ファンタジー広がる世界で、何度行ってもまた行きたくなるテーマパークです。卒業旅行や家族旅行、デートなどにも人気のスポットに行くには、一体いくらあれば行けるのでしょうか。お金がかかるポイントを見てみましょう。

入園や食事にいくらかかるか

まずは入園料ですが、株主優待券や学生割引などを別として、節約しにくいお金です。また、ディズニーリゾートのレストランはファミリーレストランと比べるとやや高め。こちらの2点の料金が、ディズニーへ行くお金の割合の多くを占めていると言えます。


いくら持ってくか

交通費や入園料、宿泊費は大体いくらかかるか予想しやすいですが、他にいくらかお金がかかるか予想しにくいところです。食事代やその他にかかるお金についてはこれから紹介していきます。

お土産にはいくら使うか

いくら持って行くか考える際には、どれくらいお土産を購入したいかがポイントです。全くお土産を買わない場合と、家族や友人へ数人~十数人分のお土産を買うとなると、数千円~1万円ほど差が出るでしょう。

お土産を買っていく必要があるか、自分自身で欲しいグッズはあるか、あらかじめ考えておきましょう。

ディズニーリゾートの入園料

ディズニー いくら入園料はディズニーに行くのに一番忘れてはならないお金です。家族で行く場合は合計でいくらになるのかチェックしてみてください。当日チケット売り場に並ばなくて良いよう、コンビニなどで事前に購入しておくのがおすすめです。

また、春キャンなど期間限定で学生が割引価格で購入できることもありますので、キャンペーンをチェックしておきましょう。

ランドとシーの入園料は同じ

東京ディズニーランド、ディズニーシーはどちらも同じ入園料が設定されていますので、どちらに入園してもかかるお金は同じです。通常のパスポート1枚でどちらかのパーク1つに入園できます。

【参考】

・おとな(7,400円)

・高校生まで(6,400円)

・小学生以下(4,800円)

・65歳以上(6,700円)

お得な2dayパスポートとは

2日間にわたってディズニーランドとディズニーシーを楽しみたい場合は、2dayパスポートを購入するのがお得です。おとなの場合、1日800円分もお得に楽しめます。

【参考】

・おとな(13,200円)

・高校生まで(11,600円)

・小学生以下(8,600円)

さらに3日間、4日間までのお得なパスポートが販売されています。

数時間だけ楽しみたいときにお得なパスポート

丸一日は遊ばないかもしれないという方は、数時間だけ楽しめるパスポートを検討してみてください。土日祝日の午後3時から入園可能なスターライトパスポート、平日の夕方6時から入園可能なアフターシックスがあります。

ディズニーリゾートの飲食代

ディズニー いくら
飲食代はしっかり食べる場合で1人あたり10,000円程度、ワゴンフードメインで楽しむ場合は1人あたり6,000円程度を最低でも用意して行くと良いでしょう。

ただし、レストランによっては2,000円未満でセットメニューが食べられるお店もあれば、高級なコース料理を出すお店もありますので、一概には言えません。

いくら持って行けば良いか、ワゴンフードやレストランの価格を参考に計算してみましょう。

ワゴンフード

ディズニー いくら
ディズニーといえばやはりワゴンフードの食べ歩きをお楽しみにしたいところ。特にポップコーンが大人気でさまざまフレーバーや可愛らしいバスケットが用意されています。

バスケット付きのポップコーンは2,500円からとなっており、紙のパックに入っているポップコーンは350円で食べられます。

ディズニーランドで人気のフード

ディズニーランドは可愛らしく、フォトジェニックなフードがたくさんあります。価格はやや高めのフードが多いですが、1つでお腹いっぱいになるフードも。また、期間限定のフードもありますので、事前に公式サイトでどれを食べに行くか、価格はいくらかチェックしてみてください。

【参考】

・スモークターキーレッグ(750円)
・シーフードピザ(500円)

ディズニーシーで人気のフード

ワンコインで楽しめるフードメニューが豊富ですが、量は食べ歩きに丁度良い程度で、たくさん買っていると意外と良い金額になります。あれこれ食べたくなりますが、一番食べたいフードを逃さないためにも、食べたいメニューを決めて行くと良いでしょう。

【参考】

・うきわまん(450円)
・餃子ドッグ(500円)
・スパイシースモークチキンレッグ(500円)

レストラン

ディズニー いくら

ディズニーランドで人気のレストラン

ディズニーランドのクリスタルパレス・レストランはブッフェ形式のレストランです。大人は3,000円程度、子どもは2,000円程度で楽しめます。ブッフェ形式と考えると、高すぎない価格設定と言えるでしょう。

また、パン屋のスウィートハート・カフェは小腹が好いたときや、あまりガッツリ食べなくて良いときにおすすめです。パンの個数にもよりますが、1人分やデートであれば数百円~千円程度で美味しいパンが購入できます。

ディズニーシーで人気のレストラン

ディズニーシーのカフェ・ポルトフィーノはパスタやチキンが楽しめるレストランです。パスタセットで2,000円程度ですので一般的に考えるとややお高めですが、広々とした店内で休憩しつつ食事を楽しみたいときにぴったり。

ペットボトルの値段

ディズニーで販売されているペットボトルは200円と自動販売機と比べてややお高めです。水筒やペットボトルを持ち込むのは節約になりますが、重さで疲れやすいので、楽しむための費用として現地調達したほうが良いでしょう。

裏ワザ

友人同士やデートで行くときには難しいかもしれませんが、お弁当の持ち込みをすればいくらか節約することは可能です。ディズニーリゾートの園内には持ち込みできないようですが、ピクニックエリアという園外の場所にてお弁当を食べることができます。

ピクニックエリアはディズニーランド、ディズニーシーどちらにも設けられており、お洒落なイスやテーブルが設置されています。レジャーシートなどを持ち込まなくてもゆっくりお弁当が食べられるのは、さすがディズニーならではのサービスですね。

ディズニーリゾートのお土産代

ディズニー いくら
お土産代は全く使わない人もいれば、数万円と使う人もいます。欲しいグッズをあらかじめ決めておいて、予算内におさまるように購入しましょう。

パーク内で見に着けるグッズ

ディズニーのお土産といえば、やはりパーク内で見に着けるプチコスプレグッズ。自分用にグッズを買ったり、お土産を買う人はとても多いようです。友人同士で遊びに行く場合は、グループ全員で合わせて購入することになる確率が高いでしょう。

【参考】

・カチューシャ(1,400~1,800円程度)
・パーカー(3,900~7,900円程度)

お土産で人気のお菓子

ディズニーはお土産のこだわりも強く、見た目だけではなく味も美味しいものばかりです。どんなお菓子を買っても失敗することは少ないですが、人気のお菓子をチェックしておきましょう。

【参考】

・チョコレートクランチ 54個入(2,300円)
・チョコレートクランチ 18個入(800円)

54個入りのチョコレートクランチが1個あたり約42.6円、18個入りが約44.4円ですので、たくさんお土産を購入する必要がある場合は54個入りの方がお得ですね。ただし、期間限定パッケージなどは個数が異なるケースがあります。

ディズニーリゾート周辺の宿泊代

ディズニー いくら
宿泊代はかかるお金でとても差がつきやすいです。1人5,000円未満で済む場合もあれば、10万円以上かかることも。計画に合ったホテルを選ぶようにしましょう。

ディズニーリゾートのホテル

東京ディズニーランドホテル」や「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」など、人気のホテルはお高めです。平日でも1人3万円~4万円程度を見ておく必要があります。

シーズンによっては5万円以上となることもあるため、宿泊日が決まったら早めにいくらかかるかチェックしておきたいところです。

ディズニーリゾートのパートナーホテルでも、パークから少し離れた場所やビジネスホテルなどは半額~1/3程度リーズナブルに宿泊できます。

周辺の格安ホテル

せっかく行くならパーク内での飲食やお土産にお金を使いたいという方は、格安ホテルをチェックしてみましょう。格安ホテルは「じゃらん」や「Booking.com」、「Expedia」などを利用すると安いプランが見つかることがあります。

イビススタイルズ東京ベイ」や「コンフォートスイーツ東京ベイ」はオフシーズンであれば1人4,000円程度より宿泊できます。東京ディズニーリゾートへの無料シャトルバスの運行があり、非常に便利です。節約デートや友人同士での宿泊に利用しやすいでしょう。

ディズニーリゾートまでの交通費

ディズニー いくら

電車賃

電車で行く場合は、最寄駅から舞浜駅までの電車に加え、舞浜駅の近くにあるディズニーリゾートラインを利用することになります。運賃はディズニーランドで降りても、ディズニーシーで降りても変わりません。

【参考】

・中学生以上 260円
・小学生以下 130円

直行バス代

首都圏から便利なリムジンバスで楽々アクセスが可能です。価格や便利さで電車賃と比較してみましょう。

ただし、予約を承っていないバスもあります。時間帯や混雑しているシーズンによっては乗り切れないことがありますので、特に帰りは電車に切り替えなければならない可能性があることを考えておきましょう。

【参考】

・川崎、大宮からディズニー おとな片道(1,230円)
・横浜からディズニー おとな片道(1,250円)

高速バス代

遠方の場合は電車や新幹線より高速バスの方がリーズナブルに行けることが多く、学生などに人気があります。宿泊や入園料とセットになったお得なパックが一般的なようです。バスツアーの比較サイトで格安プランを探すのもありでしょう。

高速道路料金

高速道路の料金は車種やETCの有無によって変動がありますが、グループで行く場合は車で行き、ガソリン代や高速料金をワリカンした方が電車やバスよりお得に行ける場合があります。また、時間を気にせず楽しめるというメリットも。

かかるお金のみでなく、さまざまなメリット・デメリットを考え、交通手段を考えましょう。

【参考】

・東名川崎から舞浜 普通車片道(2,000円程度)
・大宮から舞浜 普通車片道(2,500円程度)

クレカ利用可、パーク内にはATMの設置あり

ディズニー いくら
おしゃれなパーク内で一見ATMがないように見えますが、実は三井住友銀行のATMがあります。現金が必要な場合はキャッシュカードを持って行けば引き出すことが可能です。

また、一部グッズやフードを販売しているワゴン以外では基本的にクレジットカードが利用できます。JCB、VISA、マスターカードはもちろんのこと、アメックスや銀聯カードも利用OKです。

まとめ

ディズニーはお金をかけようと思えばいくらでもかけられますが、レストランやグッズを賢く選べば、予算内でも楽しめます。入園料や飲食代で最低でもおおよそ1人分2万円あると安心といったところです(交通費・宿泊費を除く)。

あまり現金を持ち歩くのは防犯上心配ですから、ATMやクレジットカードを上手く活用するのがおすすめと言えます。

お金のことはなるべく事前に考えておくようにすると、当日お金の心配ばかりせず思いっきり楽しめるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする